開運で気をつけていること

開運で気を付けていることは、その日だけ良くしようと心がけるのでは無く、常の生活で面倒くさいことを後回しにしないだとか、散らかってるのを放置しないように心がける事などです。
普段からトイレ掃除や風呂場の掃除、キッチンの掃除。主に水場の掃除は心がけて行っています。
水場が汚いとすべて良くない気が流れると思っているからです。
また、日頃の積み重ねが開運に繋がると思っているからです。
宝くじが当たりたいからその時期だけ良い行いをしても、何にも結果は現れないと思います。
先祖を大事に、自分の家族を大事にする事から開運の体質になると思っています。
また、開運体質になるにはパワーストーンにも頼ったりします。
ストーンの勉強なども行い、ローズクオーツは恋愛運、アメジストは浄化。シトリンやルチルクォーツなどの黄色い石は金運に良い、など、使い分けて開運体質を目指しています。
石のチカラや方角の力を利用して開運につなげるのも大事だとおもいます。そして満月の日は月光浴したりし、石を快適にしてあげることも大事だと思っています。
また、神棚を大事にしたり、玄関をきれいにしたり、ご先祖様を敬いお墓の掃除を徹底したりなど心がけています。
開運には生まれ持った運や親の七光りなどがあると思いますが、日頃の行いで開運につながる事の方が多いと思います。
相手にされたら嫌なことはまず自分がしないということを心がけて生活し、自分の環境を良くして小さな幸せに気づけることが、開運に繋がるのではないかと思っています。
もちろん、運も大事ですが。
また、昔ながらの暦も大事にしたほういいと思います。毎年この時期に本屋さんなどで販売される暦を手にとって、参考にして開運について勉強する事も大事だと思います。